活用

部屋

産廃選別というのは、産業廃棄物を選別して、資源としてリサイクルをする、エネルギーとして使用するために行われていることです。
一般的に、単なる産業廃棄物と思われているものでも資源として活用することが出来るものであることがほとんどです。

従来は、産業廃棄物は埋め立てや償却といった方法で処理をしていたのですが、近年では環境に対する意識が高まっていることで、地球を保護するために産廃選別が行われるようになりました。
選別を行う場合には、機械や人の手によって行われます。そして、一つ一つを木片、がれき、ガラス、陶器といった種類に分類していきます。
選別処理を行うことで、価値のあるものは売却、資源として使用できるものはリサイクルといった有効活用をすることができます。